死ぬまで身代わりしていたい ホーム » スポンサー広告 » 構築紹介 »ラキグライメタモン

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ラキグライメタモン  

壁構築が調子悪かった時にずっと受けループを回していたのですが、結果的にはラキグライしか残りませんでした。
S5、自分で組んだパーティの中で最も強いのではないかと感じた構築になります。


ラキグライメタモンの相性は5世代の頃から認知されていますが、改めて説明させて頂きます。

ラキグライという並びは非常に起点になりやすく、そこから全抜きを容易にされてしまいます。
そこにメタモンを投入することで、相手の決定力を奪い、こちらが逆に優位に立つことができます。
更にメタモンで相手のポケモンの型を知ることにより安全に受け回すことが可能になります。
簡単に言うとこういうことですが、相手の立ち回り、選出に依存されやすいのでヤクザプレイングに弱いという欠点があります。
受けループとは呼べない構築となってしまいましたが、かなり柔軟に動けるラキグライとなり今シーズンで最も安定していました。

それではパーティの紹介に移ります。



全体紹介



ラッキー進化の輝石 図太い 331(44)-*-62(252)-*-152(212)-70
ラッキー自然回復 地球投げ卵産みどくどくでんじは
主軸
グライオン毒毒玉腕白 169(148)-132(132)-166(44)-*-99(28)-135(156)
グライオンポイヒ地震炎の牙身代わり守る 
こちらも主軸
メタモンスカーフ生意気 155(252)-56-68-60-74-48
メタモン変わり者変身ー 
ラキグライの良き相方
スイクン残飯臆病 207(252)-*-135-110-136(4)-150(252)
スイクンプレッシャー熱湯吠える瞑想身代わり
スイクン対策のスイクン
メガゲンガーナイト臆病 167(252)-*-100-191(4)-115-200(252)
メガゲンガー影踏みシャドーボール滅びの歌道連れ守る
耐久、害悪対策
メガハッサムナイト意地 175(236)--180(183)-*-132(92)-95
メガハッサム
テクニシャンバレットパンチとんぼ返りどくどく羽休め
フェアリー、炎技のない物理受け



個別紹介

ラッキー@輝石
ラッキー
技構成:地球投げ 卵産み どくどく 電磁波
実数値: 331(44)-*-62(252)-*-152(212)-70
性格:図太い


HーB:A極振りメガリザードンXの逆鱗耐え
D:余り

構築の始まりです。いかにゲンガーが増えようとも、安定感が段違いなのでラッキーではなくハピナスということにはなりません。
今回はスイクン対策ができており、麻痺より毒を入れてグライでみがまもしたい場面が多かったため電磁波毒両採用のラッキー。
ゲンガナンスが多すぎて立ち回りに気を使いますが、この構築において安定して後投げできるという点はとても重要であるため、ラッキーというポケモンがかなり大きな役割を持っていることがわかります。


グライオン@毒毒玉
グライオン
技構成:地震 炎の牙 身代わり 守る
実数値:169(148)-132(132)-166(44)-*-99(28)-135(156)
性格:腕白


H:8n+1
A:136ガッサを炎の牙で高乱数2発(91.8%)
H-B:意地鉢巻ガブの逆鱗を食らった後ポイヒ込で身代わりを置ける
H-D:C191メガゲンガーのたたりめ耐え
S:最速70族抜き

最初は岩石封じを入れて使っていたのですがメタモンとの相性の悪さ、ハッサム、ナットレイ、ガッサが重いことから炎の牙を採用。ゲンガーに通るという点も高評価です。
流行っているクチートに強く、トリル、壁などのターン数が限られる戦法にも強いので今の環境に刺さっていると思ったのですが、やはりゲンガーが多くそして剣舞ガブの増加で”刺さっている”とは言えないかもしれません。
しかし相手に状態異常に陥ったときの強さは相当なもので、やはり無限は強いと再認識しました。なによりレートという環境においてTODという戦略が強すぎる。


メタモン@スカーフ
メタモン
技構成:変身 ー ー ー
実数値:
155(252)-56-68-60-74-48
性格:生意気


ラキグライの弱い積み構築にかなりの強さを持っているポケモン。
ほとんど先鋒で出して技を確認し大体の構築予想をします。そこでまず高耐久ポケモンに引き、勝ち筋を探していきます。
メタモンで変身していかに一貫を作るかということを考えて立ち回るので、クレッフィメタモンとかの構築とは全く違った使い方になると思います。
このポケモンの存在が相手の積みの抑止力になり安定して受け回すことなど、積みストッパー以外にも多くの役割を持っています。
スカーフを持ったメガシンカが弱いはずはなく相手のメガポケモンで一貫を作ることがかなり多かったです。


スイクン@残飯
スイクン
技構成:熱湯 吠える 身代わり 瞑想
実数値:207(252)-*-135-110-136(4)-150(252)
性格:臆病


スイクンを許さないスイクン。ラキグライメタモンだと相手のスイクンがとても重くしかも今スイクンが環境に増えているということもあり採用しました。
まず単純にスイクンが刺さっているパーティが多くさらにスイクンも多いためかなり選出機会の多かったポケモンです。
最速である理由はスイクンミラーで吠えるを先に打つため、身代わりを先に貼るためです。状態異常になったときは弱いのですが零度スイクンも見ようとするとこの型になるのではないでしょうか。
バトン先鋒を崩したり、メガゲンの滅びから抜けだせたりかなり汎用性のある技だと感じました。
ラキグライメタモンで処理が難しいゲンガー、マグストドランに強く、ラキグライメタモンとの相性はかなり良いです。


メガゲンガー@ナイト
メガゲンガー
技構成:シャドボ 滅びの歌 道連れ 守る
実数値:167(252)-*-100-191(4)-115-200(252)
性格:臆病


ミラーの勝率を高くしたかったためシャドボ採用のH振りです。
エルフーンなどのみがまも戦法を取ってくるポケモンを葬るほろゲン。
ピンほろゲンを初めて使ったのですがかなり強く、障害であるポケモンを滅び、もしくは道連れで1:1交換できるとても便利なポケモンでしたね。
構築できついポケモンを簡単に落とせる最強ポケモンで残り2体で勝てると判断したときはすぐ1:1交換するべきです。
滅び守るをしている間に積まれたり、道連れ連打で積まれたりすることがあるので、そこでメタモンの強さが出てきます。
このポケモンもかなりラキグライメタモンと相性のいいポケモンであると感じました。



メガハッサム@ナイト
メガハッサム
技構成:バレパン 蜻蛉 どくどく 羽休め
実数値:175(236)-187-180(183)-*-132(92)-95
性格:意地っ張り


H:16n-1
H-B:根性発動A極振りブシンのドレパン二耐え
H-D:余り 臆病メガサナのめざ炎低乱数一発(18.8%)

最後にこのパーティの穴を埋めるために入ってきました。
メガサーナイト、ローブシン、竜全般、(炎技のない)ガルーラ、はたきおとす勢(マニュ、マリルリなど)の処理を任せています。
毒を盛って相手を落とす立ち回りになります。受け回すことが役割のため剣舞は使う場面が少ないと考えました。
ラキグライハッサムという受けループが単純に強くこの3体で受けループ対策をしていないパーティは優位に立ち回れます。
そして一番の仕事が後攻蜻蛉からのメタモン降臨です。メタモンは基本的に後出しができないのでこのようにハッサムから召喚してアドを取り、HPを残しておいて最後に一貫を取っていきます。




雑感

○○の並びがきついということがあまりなく、どんなパーティにも一方的に不利になることがないと回していて感じました。
いかにメタモンをうまく使えるかで勝率に大きく関わっていくあたりメタモン主役のパーティだなってのが感想です。

一つこういうパーティがきついというのを上げるとしたら選出段階で騙されてしまう偽装構築ですね。
選出がかなり重要でケアが効きづらいパーティなので思い込んでいた型と違いこの選出では対応できないということが多かったように感じました。



まとめ

結果が出せず悔しいですがシーズン最後にようやく構築がまとまったのでよかったかなとは思います。
今季は受けループという形で高レートの方が多いので、メタモン入りということで違った視点で見て頂くことでなにか参考になれば嬉しいです。
それではここまで読んでくださりありがとうございました。また次の記事で。
スポンサーサイト

category: 構築紹介

tb: 0   cm: 1

コメント

受けル初心者の僕でも使えます?

#- | URL
2014/11/19 01:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kumaaapoke.blog.fc2.com/tb.php/19-104ac5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。